logo

Twitter従業員がサウジのためにスパイ活動していた可能性

CNET News staff  (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2018年10月22日 10時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterの従業員が数年前にサウジアラビアに懐柔され、サウジ政府に批判的なユーザーのアカウントを密かに調査していたと、The New York Times(NYT)が米国時間10月20日に報じた。この問題について当時、西側の諜報機関の当局者がTwitterに通知したという。

 NYTは匿名の情報筋の話として、当局者らが2015年終わりごろ、サウジのスパイとされる従業員に注意するようTwitterに警告し、調査を促したと伝えている。Twitterは、この従業員がサウジにユーザーデータを提供している証拠を見つけられなかったものの、同年12月に解雇したという。また、Twitterは同月、標的にされていた可能性がある数十のアカウントの所有者たちにも警告したという。

 NYTの記事は、Twitter上で反体制派の口を封じるためにサウジ政府が行ったとされる、さまざまな工作を具体的に紹介している。たとえば、金で雇ったトロール(荒らし)部隊を使い、反政府派に嫌がらせや脅迫を行って黙らせたり、政府に批判的な議論から他のユーザーの注意をそらしたりしてきたという。

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]