logo

全米の携帯電話に「大統領警報」テスト送信--緊急事態に備え

Morgan Little (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年10月05日 11時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全米の携帯電話に向けた初の大統領警報(Presidential Alert)が、太平洋時間10月3日11時18分(米東部時間14時18分)に試験送信された。

提供:CNET screenshot
提供:CNET screenshot

 この警報は、Donald Trump米政権が可能な限り多くの米国人にテキストメッセージを送信できるかをテストするものにすぎず、実際の緊急事態を示すものではない。

 この警報は、米連邦緊急事態管理庁(FEMA)が使用しているのと同じインフラを通じて発信された。

 FEMAは今回のテキストメッセージついて、ウェブサイトで次のように説明している。「この無線緊急警報(WEA:Wireless Emergency Alerts)システムは、異常気象や子供が行方不明になる事件などの危機的状況について、携帯電話への警報によって国民に注意を促すのに使われる。全米規模のテストでは、竜巻警報やアンバーアラート(児童誘拐事件発生時の情報発信システム)など、あらゆるWEAメッセージで使われているのと同じ特別な着信音とバイブレーションを利用する」

 警報は統合公共警報警告システム(IPAWS)から発信された。IPAWSは少なくとも、WEAシステムへの参加キャリアが運用するネットワーク上で通信している、米国内のすべての携帯電話にメッセージの送信を試みた。

 今回の緊急警報システム(EAS)は、ラジオとテレビでも同様のメッセージを発信した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]