logo

ベライゾン、世界初の商用5Gサービスを開始--米国の家庭向けに

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年10月02日 11時06分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米通信大手Verizonは米国時間10月1日朝、サクラメント、ロサンゼルス、ヒューストン、インディアナポリスの一部地域で、5G対応の家庭向けブロードバンドサービスの提供を正式に開始した。同社によれば、ヒューストンに住むClayton Harrisさんが「世界で初めての5Gユーザー」になったという。

 このサービスのネットワーク速度は、通常で300Mbps、最大940Mbpsだ。

 Verizonはサービス開始にあたり、ケーブルテレビ会社から顧客を引き抜くための特典を提供している。これは、最初の3カ月間の料金が無料となるもので、すべての機器とその設置作業の費用も含まれる。無料期間が過ぎると、対象となるプランに加入している既存のVerizon Wirelessユーザーは月額50ドル(約5700円)、それ以外の人は月額70ドル(約7980円)を支払う。さらに「Apple TV 4K」かGoogleの「Chromecast Ultra」を無料でもらえるほか、「YouTube TV」を3カ月間無料で視聴できる。

 技術開発および計画担当バイスプレジデントのBill Stone氏はこの日の朝、米ZDNetの取材に対して「これはお客様にとって、ケーブルテレビを解約し、今までの有線サービスではなく定額の無線サービスを利用する絶好の機会だとわれわれは考えている」と語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]