logo

MFS、来店不要の不動産投資ローン借り換え代行サービスを正式リリース

加納恵 (編集部)2018年10月01日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住宅ローンコンサルティングサービスを展開するMFSは10月1日、電話による非対面型の不動産投資ローン借り換え代行サービス「モゲチェック・プラザ for 不動産投資ローン」の正式版をリリースした。オンラインと電話のみで、不動産投資ローンの借り換えができる。

左から「サービス画面」「チャット画面 」「審査状況確認画面」
左から「サービス画面」「チャット画面 」「審査状況確認画面」

 モゲチェック・プラザ for 不動産投資ローンは、金融機関出身のコンサルタントによる不動産投資ローンの借り換え代行サービス。オンラインと電話を使うことで、非対面型での借り換えサービスを実現した。

 これにより、約半数は会社員と言われる不動産投資をしているユーザーは、来店などをせず、時間と場所にとらわれずにローンの借り換えが可能になるとのこと。コンサルタントが、ユーザーに適切な不動産投資ローンを導き出すほか、金融機関への煩雑な書類の準備、受け渡しもすべてMFSが代行する。

 MFSでは、6月1日にベータ版をリリースしており、公開3カ月で相談件数は150件を突破し、最大借り換えメリット額は2000万円に達したため、正式リリースに踏み切ったとのこと。

 MFSは、金融機関からの紹介料ではなく、借り換えが成立した場合にユーザーからコンサルティング費用を得る成功報酬制で収益を確保。そのため、中立の立場でユーザーにとって適切なローンを紹介できるとしている。

「モゲチェック・プラザ for 不動産投資ローン」のサービスの流れ
「モゲチェック・プラザ for 不動産投資ローン」のサービスの流れ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]