logo

スタンドアロン型VRヘッドセット「Oculus Quest」、399ドルで2019年春発売へ

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年09月27日 08時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの最高経営責任者(CEO)Mark Zuckerberg氏は米国時間9月26日、Oculus Connectの基調講演で、次世代ヘッドセット「Oculus Quest」を発表した。399ドル(約4万5000円)という思い切った価格で2019年春に発売する。

 Oculus Questは、2018年に入って発表された199ドルのモバイルヘッドセット「Oculus Go」と同様に、スタンドアロン型のハードウェアで、PCやスマホがなくても仮想現実(VR)を体験できる。しかし、Oculus Goより高度なコントローラによってさらにハイエンドなエクスペリエンスの実現を目指しているようだ。Zuckerberg氏は、多くのPCベースのVRゲームとアプリがQuest向けに移植される予定だとも述べており、同ヘッドセットは、PC接続型の「Oculus Rift」に近いエクスペリエンスが得られる可能性がある。399ドルのモデルは、64Gバイトの内蔵ストレージを備える。

 ヘッドセットの解像度はOculus Goと同じ1600×1440ピクセル。また、Oculus Goと同じ空間オーディオ実現し、ヘッドバンドの小さな穴を通してオーディオが出力される。

高性能なコントローラ

 Oculus Questには、6自由度(6DoF)の空間トラッキングに対応し、アナログスティック、そして物理的なボタンとトリガが装備されたモーションタッチコントローラ2基が付属する。シンプルなシングルモーションコントローラと、3自由度のモーション制御しかないOculus Goと比べると格段に高性能になっている。

 PC接続型のOculus Riftで提供されているOculus Touchコントローラとまったく同じではないが、それにかなり近いように思われる。

トラッキング技術「Oculus Insight」

 Oculus Questは、ヘッドセットに搭載された広角カメラセンサに、加速度センサとジャイロスコープの情報を組み合わせて、空間内の位置をトラッキングする。この新しいトラッキング技術は「Oculus Insight」と呼ばれ、室内だけでなく、それよりもはるかに広い空間に対応するという。

 FacebookのHugo Barra氏によると、このトラッキング機能は、屋内で繰り返しテストされており、最大で4000平方フィート(約372平方メートル)もしくはそれ以上の広さに対応するという。また、インタラクトする範囲を設定するセンシングツール「Guardian」であらかじめ作成した、複数の部屋の設定を記憶するという。

ゲームとアプリのラインアップに期待

 Oculusによると、2019年の発売時には50のゲームが提供される予定だという。非常に多いというわけではないが、「Robo Recall」「The Climb」「Moss」など、PCやゲーム機向けのVRゲームとして高い人気を誇るものも発売とともに提供されることが発表されている。

 「Vader Immortal」というスターウォーズのVRエクスペリエンスも提供される予定で、2019年春にはそのエピソード1がリリースされる予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]