logo

サイボウズのkintoneデータを外部に公開できる「kViewer」が非ユーザーでも閲覧可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズスタートアップスは9月26日、サイボウズが提供する業務アプリクラウド「kintone」と連携して利用する「kViewer」に、編集や帳票出力連携、個別アクセス認証などを実装したVer.5.0の提供を開始したと発表した。

 kViewerは、kintoneアプリに登録されたデータを外部に公開できるサービス。同社によると、「外部の非ユーザーにもデータを編集させたい」「イベントや貸し会議室などの予約をそのまま完結させたい」などの要望があったことから、新バージョンであるVer.5.0ではフォームブリッジとの連携に対応。外部ビュー内に編集ボタンを埋め込むことが可能となった。

キャプション
公開ビュー内にボタンを設置し、データの新規登録もしくは編集が可能に

 また、kintone連携サービスである「プリントクリエイター」と連携することで、ビュー上に帳票出力ボタンを配置でき、製品カタログのようなビューを作成可能。これにより、利用者自身が製品ページをダウンロードすることや、イベント参加証の発行などが可能となった。編集ボタンを組み合わせれば、利用者自身が自社情報を修正するといった運用も可能。

キャプション
帳票出力のボタンも設置可能

 さらに、従来はひとつのビューに対してひとつのID/パスワードの設定しかできなかったが、Ver.5.0より、最大1000通りのID/パスワードを設定可能になった。同IDには、ビューの公開範囲も紐付けられるので、ログインした後、閲覧者ひとりひとりに異なる情報を閲覧させられる。

キャプション
閲覧者に対してID(ユーザー名)/パスワードを付与。IDによって閲覧できるレコードも制御できる

 このほか、カード型ビューやセグメントビューが加わるなど、公開するビュー形式の種類が増加。これによって、ブログやニュースサイトなどにも利用でき、kintoneをデータベースとしたCMSを簡単に構築できるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]