logo

Suicaと地域独自カードを一体に--JR東日本らが地域連携ICカードを開発

西中悠基 (編集部)2018年09月25日 15時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本旅客鉄道(JR東日本)とソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(ソニー)、JR東日本メカトロニクスは9月25日、「Suica」と各地域の交通系ICカードを1枚のカードにまとめられる2in1カード「地域連携ICカード」を開発すると発表した。

 地域連携ICカードは、バスの定期券や各種割引などの地域独自サービスと、Suicaで利用できる乗車機能や電子マネーなどのサービスを、1枚のカードで利用可能とするもの。地域交通事業者は地域連携ICカードの導入により、Suicaの既存インフラを活用できる。システム投資を抑えつつ、地方交通に必要なサービスを付与した交通系ICカードの導入が可能となる。

1枚のICカードで地域独自機能とSuicaの機能が利用できる
1枚のICカードで地域独自機能とSuicaの機能が利用できる

 交通系ICカードは、2013年に全国10種類のカードにおいて相互利用サービスを開始。Suicaなどのカード1枚で公共利用交通機関を利用できるエリアが全国に広がっている。一方で、導入費用や運用面の課題により、交通系ICカードが導入されていない地域もあるという。JR東日本など3社は、地域交通事業者による交通系ICカード導入促進のため、新たに地域連携ICカードを開発するとした。

 地域連携ICカードの開発において、JR東日本は地域交通事業者による導入サポートとSuicaの共通基盤化推進を担当。Suicaが採用するFelicaを開発したソニーは、Felica OSの機能拡張を担う。交通系ICカードの発行業務を担当するJR東日本メカトロニクスは、ICカードへの新機能の実装や試験、検証と、ICカード発行に関する設備開発を進める。

 地域連携ICカードは、2021年春にサービスの提供開始を予定する。JR東日本、ソニー、JR東日本メカトロニクスは、今後も交通系ICカードによる旅客サービスの向上と、地域の活性化に積極的に取り組んでいくとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]