logo

Facebookの出会い系サービス、コロンビアで開始

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年09月21日 10時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間9月20日、同社が5月に発表した出会い系サービス「Facebook Dating」の最初の市場での提供を開始した。20日より、コロンビアのFacebookユーザーはデート用プロフィールを作成できるようになった。十分なプロフィールが集まったと判断したら、Facebookはユーザー同士のマッチングを開始する予定だ。

 Facebookはこのサービスをほかの市場に開放する時期を明かしていない。

Facebook Dating
提供:Facebook

 Facebook Datingの仕組みを説明しよう。Facebook DatingはFacebookのメインアプリの一部であり、無料のサービスだ。この機能は、Facebookのメインメニュー内に「グループ」や「イベント」、「Marketplace」と共に表示される。Facebook Datingにアクセスしたら、写真、居住地や出身校などの個人情報を追加してプロフィールを作成し、「あなたにとって、完璧な一日とはどのようなものか」といった相手と打ち解けるきっかけとなる質問に答えることができる。このプロフィールは、通常のFacebookプロフィールとは別に作成される。

 興味を引かれたら、そのユーザーのプロフィールを下までスクロールして、タップする。自分のFacebookの友達や、友達の友達は表示されない。ユーザーは自分の友達のことを知っているはずだと、同社が判断したからだろう。Facebook Datingの狙いは、より大規模なFacebookネットワークを活用することだ(同サービス上で家族に遭遇する、といった気まずい体験を回避するのにも効果があるだろう)。

 Facebookによると、同社の狙いは、ユーザーが単にデートの相手を見つけるのではなく、永続的な関係を築けるように支援することだという。Facebook Dating担当プロダクトマネージャーのNathan Sharp氏は先週のインタビューで、「あなたがデートを検討している相手は単なるプロフィールではなく人間である、ということを明白にしたかった。この機能の本質は一夜限りの相手ではなく、人間同士の関係であるべきだ」と述べた。

 Facebook Datingのデータがターゲティング広告に利用されることはないと、Facebookは述べた。Sharp氏によると、ユーザーがFacebook Datingのプロフィールを削除したら、そこに含まれるデータも削除されるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]