logo

パナソニック、新4K衛星放送対応「4Kディーガ」発表--Ultra HDブルーレイ、4K動画もOK

加納恵 (編集部)2018年09月20日 13時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは9月20日、新4K衛星放送に対応したBDレコーダー「4Kディーガ DMR-SUZ2060」を発表した。4K放送チューナを搭載し、Ultra HDブルーレイの再生にも対応する。発売は11月16日。想定税別価格は13万円前後になる。

「4Kディーガ DMR-SUZ2060」
「4Kディーガ DMR-SUZ2060」

 新4K8K衛星放送は12月1日に放送を開始する。現行のBSデジタル放送の受信設備を利用し、右旋放送の6チャンネルが視聴でき、左旋用の新アンテナ設備を追加すれば、さらに18チャンネルの視聴が可能だ。

 DMR-SUZ2060は、BS4K、110度CS4K、地上、BS、110度CSデジタルチューナ1系統と地上、BS、110度CSデジタル2系統を備えた3チューナモデル。4K放送と2K放送2番組のほか、2K放送3番組の同時録画を実現する。2TバイトのHDDを内蔵し、4K放送はDRモードのみ録画が可能。4K放送もダビング10に対応し、BDディスクへの保存もできる。

「DMR-SUZ2060」背面パネル
「DMR-SUZ2060」背面パネル

 Ultra HDブルーレイの再生ができるほか、Netflix、dTV、Amazonプライム・ビデオなどの4Kネット動画の視聴にも対応。独自の「4Kリアルクロマプロセッサ」により、鮮度の高い美しい映像を再生する。

 HDRにも対応し、映像の明るさを調整するダイナミックレンジレンジ調整や、HDR非対応テレビで視聴する場合に、映像の明るさを変えられる、ダイナミックレンジ変換調整機能も装備。AV分離出力ができるHDMI出力を2系統を備えたほか、4K/60p/36bit出力にも対応する。

 「ディーガ」シリーズで採用する「おうちクラウドディーガ」機能も搭載。音楽や写真、動画などのコンテンツをディーガ内に保存し、専用アプリ「どこでもディーガ」をダウンロードしたスマートフォンから視聴することが可能。外出先からの録画予約やスマートフォンからの番組視聴にも対応するが、番組視聴は2K放送のみとなる。

 サイズは高さ66mm×幅430mm×奥行き199mmで、重量約2.8kg。B-CASはカードから内蔵チップへと変更しており、B-CAS用のカードスロットはついていない。

リモコン
リモコン
右端にある「4K」ボタンを押すと放送が切り替わる
右端にある「4K」ボタンを押すと放送が切り替わる
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]