logo

東京ゲームショウ2018が開幕--過去最多の668企業・団体が出展

佐藤和也 (編集部)2018年09月20日 11時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲームイベント「東京ゲームショウ2018」が9月20日、幕張メッセにて開幕した。20日と21日がビジネスデイ、22日と23日は一般公開日となっている。

 東京ゲームショウは1996年に第1回が開催され、22年目を迎えた国内最大規模のゲームイベント。幕張メッセの国際展示場1~11ホール、幕張イベントホール、国際会議場の全館を使用して開催される。今回は41の国と地域から、668の企業と団体が出展。国内の出展社数は初めて300を超え、海外出展社数も2018年を上回るなど、過去最大規模で行われるという。

 コンシューマ向け大型タイトルやバラエティあふれるスマートフォン向けゲーム、PC向けのゲームタイトルも多数出展してるのをはじめ、さまざまなステージイベントなども行われる。また最新技術を活用した「VR/ARコーナー」も見どころとなっている。さらに今回はeスポーツの充実をうたっており、大型ステージ企画「e-Sports X(クロス)」さまざまな大会イベントを催すとしている。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、発表したばかりの「プレイステーション クラシック」を展示
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、発表したばかりの「プレイステーション クラシック」を展示
タイトーは、アップライト型のアーケードゲーム筐体を3/4スケールで再現した「ARCADE1UP」を試遊出展
タイトーは、アップライト型のアーケードゲーム筐体を3/4スケールで再現した「ARCADE1UP」を試遊出展
レベルファイブが6年ぶりにブースを出展
レベルファイブが6年ぶりにブースを出展している

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]