logo

ソニー、可動式マイクでシーンに応じた録音に対応するICレコーダー

加納恵 (編集部)2018年09月19日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月19日、3ウェイの可動式マイクを搭載したリニアPCMレコーダー「PCM-A10」を発表した。microSDカードへのハイレゾ録音に対応する。発売は10月6日。想定税別価格は2万円前後になる。

「PCM-A10」
「PCM-A10」

 最大音量箇所をしばらく演奏することで録音レベルを自動調節できる「リハーサル機能」や録音開始ボタンを押した時点の5秒前から録音ができる「プリレコーディング機能」を備え、楽器練習や発表会時に便利な機能を搭載。3ウェイ可動式マイクは、ズーム、ワイドステレオ、X-Yと3つのポジションにより、インタビューからホールの演奏、スタジオ練習など、幅広いシーンで活用できる。

microSDカードへのハイレゾ録音に対応
microSDカードへのハイレゾ録音に対応

 マイク機構部を小型化し、現行モデルに比べサイズは約10%、重量は約15%の小型軽量化を実現。ADコンバータを2つ搭載した「Dual ADコンバーター」により、小型ながら高音質録音ができるとしている。

 本体にBluetoothを備え、録音したファイルや音楽コンテンツをBluetooth対応スピーカなどと組み合わせてワイヤレス再生することが可能。専用アプリ「REC Remote」をインストールしたスマートフォンと組み合わせれば、離れたところからの録音操作にも対応する。サイズは高さ109.5mm×幅39.2mm×奥行き16.0mmで、重量約82g。16Gバイトの内蔵メモリとmicroSDカードスロットを備える。

3ウェイ可動式マイク
3ウェイ可動式マイク
現行モデルからマイク部分を大幅に小型化した
現行モデルからマイク部分を大幅に小型化した

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]