logo

ヤマハ、台湾Gogoroとバッテリ交換式電動スクーターなどで協業へ--2019年夏に発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハ発動機と台湾Gogoroは、台湾における電動スクーター事業での協業を目指し、検討を開始した。2018年中に正式契約を結ぶとしている。

台湾の電動スクーター事業で協業(出典:Gogoro)
台湾の電動スクーター事業で協業(出典:Gogoro)

 Gogoroは、台湾で電動スクーターを開発する企業。バッテリ交換式のスクーターを販売するほか、同社製バッテリ用のバッテリステーションを各地に配備し、ユーザーがバッテリを共有して電動スクーターを利用できるようにするサービスを台湾で展開している。

バッテリ交換式の電動スクーター(出典:Gogoro)
バッテリ交換式の電動スクーター(出典:Gogoro)

 バッテリステーションは現時点で台湾各地に750カ所以上あり、2019年には1000カ所を超える見通しだそうだ。ユーザーは、乗っているスクーターのバッテリ残量が少なくなったら、ステーションで交換して乗り続けられる。

バッテリステーションでバッテリを交換(出典:Gogoro)
バッテリステーションでバッテリを交換(出典:Gogoro)

 今回の協業は、電動スクーターの開発、製造委託、バッテリ交換システム共用に関するもの。ヤマハが「ヤマハ」ブランドの電動スクーターをGogoroの市販車ベースでデザインし、生産をGogoroに委託する計画。

 完成車両は、ヤマハモーター台湾が台湾市場で販売する。第一弾モデルは、2019年夏ごろに発売する計画。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]