logo

アップル、「HomePod」の機能をアップデート--複数タイマーの設定、音声通話などが可能に

Megan Wollerton (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2018年09月13日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間9月12日、販売価格349ドル(約3万9000円)のスマートスピーカ「HomePod」(日本では未発売)の複数の機能がアップデートされると明らかにした。新機能はすべて9月17日から使用可能になる。その内容は次の通りだ。

  • 複数のタイマーをセットする:HomePodがさまざまなタスクを並行して行いたいユーザーの手助けをする。これにより、例えばポットローストの調理時間とクッキーを焼く時間を、「Siri」に頼んで別々のタイマーでセットすることが可能になる。
  • 電話をかけたり受けたりする:Siriに頼むと、連絡先に登録している人や特定の番号に電話をかけられるようになる。また、かかってきた電話に出られなかったときに、「誰から電話があったの?」とSiriに尋ねることも可能だ。
  • 「iPhone」や他のアップル製デバイスを探す:自宅のどこかに置き忘れたアップル製デバイスを、HomePodから探せるようになる。
  • 歌詞から曲を探す:Appleの説明によると、今回のアップデートにより、「…(歌詞の内容)という曲をかけて」とSiriに頼めるようになるという。
  • Siriのショートカットを使う:ショートカットのサポート開始により、HomePodからさまざまなアプリを利用可能になり、自分のスマートスピーカをカスタマイズできる幅が広がった。例えば、HomePodに向かって「Hey Siri、ムービーナイトだよ」と声をかけると、「HomeKit」対応のスマートライトを調整し、ピザを注文するといった、夜の映画鑑賞に関連する動作を一度に行うルーティンを起動できるようになる。

提供:Andrew Hoyle/CNET
提供:Andrew Hoyle/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]