logo

「iPhone」シリーズからヘッドホンジャックが消える--アダプタも同梱せず

Gordon Gottsegen (CNET News) 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2018年09月13日 09時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple製品に関する限り、ヘッドホンジャックは絶滅の時を迎えたようだ。

 Appleは米国時間9月12日のイベントで、「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」という新しいiPhone製品を発表した。新モデルの登場に伴い、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」「iPhone SE」は販売終了となる。これにより、最後までヘッドホンジャックを搭載していたモデルがすべて姿を消すことになる。

 さらにヘッドホンジャックを求めるユーザーの傷口に塩を塗るように、Appleは最新のiPhone 2018年モデルでは、前モデルまで付属品となっていた「Lightning - 3.5 mmヘッドホンジャックアダプタ」を同梱することさえやめるようだ。今後、このアダプタは1000円(税別)で別売りされる。

 Appleは2016年発売の「iPhone 7」から、ヘッドホンジャックを廃止していた。とはいえ、今回の決定は新しいiPhoneを買うか、愛用の有線ヘッドホンを使い続けるかの選択を迫られるユーザーを困惑させる可能性がある。

 この件についてAppleにコメントを求めたが、回答は得られていない。

ヘッドホンジャック

提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]