logo

業界初の7nmプロセス採用、「iPhone XS」に搭載の「A12 Bionic」チップ

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2018年09月13日 09時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間9月12日、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」に搭載される「A12 Bionic」プロセッサが、回路を小型化する次世代の製造技術をいち早く採用していることを強調した。

「iPhone XS」と「iPhone XS Max」
「iPhone XS」と「iPhone XS Max」
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

 この日に開催されたAppleの新型iPhone発表イベントで、マーケティング責任者のPhil Schiller氏は、A12は7nmの製造プロセスを業界で初めて採用すると語った。1nmは1mの10億分の1であり、製造プロセスのサイズが小さくなると、1つのチップに収められるトランジスタの数が増える。

 Schiller氏によると、A12 Bionicチップは69億個のトランジスタを搭載する。

 「A12 Bionicがスマートフォン史上、最高にスマートで最もパワフルなチップなのは間違いない」とSchiller氏は語った。

Phil Schiller氏
Phil Schiller氏
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]