logo

世界最大級の家電見本市「IFA」レポート--大手企業ブースから注目のスタートアップまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界最大級の家電見本市IFAがベルリンで8月31日から9月5日に開催された。すでに大手企業から発表された新製品の発表レポートなどは数多くなされているが、IFAの主要なブースの様子と、スタートアップなどによって展示されていたあまりメディアでは取り上げられていない製品を中心に紹介したい。

例年通りスタイリッシュなソニーブース

 毎年高いデザイン性で来場者を引きつけIFAのソニーブース。2018年も例外ではなく、賑わいを見せていた。2017年の木目を活かしたブースデザインから、より直線を意識したデザインとなっていた。

2017年よりもエッジが効いた雰囲気となったソニーブース
2017年よりもエッジが効いた雰囲気となったソニーブース

 旧東ドイツ時代のベルリンの信号機のマークがモデルのキャラクター、アンペルマンが、春に発売されたXperia Ear DuoをPR。

ベルリンのご当地キャラの人気キャラが耳につけるXperia Ear Duo
ベルリンのご当地キャラの人気キャラが耳につけるXperia Ear Duo

 IFAで話題を集めた100万円超えの高級据え置きオーディオプレーヤー「DMP―Z1」やウォークマンの最新入門機モデルの「NW-A55」がバーのようなカウンターでじっくりと音楽を堪能することができるようになっていた。

欧州価格で100万円を超える据え置きオーディオプレイヤーや同じSignatureシリーズで30万円を超えるヘッドホン「IER-Z1R」を視聴することができた
欧州価格で100万円を超える据え置きオーディオプレイヤーや同じSignatureシリーズで30万円を超えるヘッドホン「IER-Z1R」を視聴することができた

曲面ディスプレイやガイドロボットなど、注目のLGブース

 2017年までのLGブースは、派手で見栄えはするものの、高級感や高い質感を感じさせるような雰囲気は、ソニーやサムスンのブースほどではなかったが、2018年は違っていた。筆者が一番面白く、良かったと感じたのがLGのブースだ。

 2017年は、天井にトンネル上に配置した派手な映像で来客を集めていたが、2018年は曲面ディスプレイを折り曲げながら、ひだ状の壁として配置。米国のアンテロープキャニオンの峡谷や、滝、森林といったダイナミックな自然の映像により曲面の持つ可能性をアピールしていた。

派手な演出から、自然の持つ柔らかな曲線を演出するように切り替えたLGのブース
派手な演出から、自然の持つ柔らかな曲線を演出するように切り替えたLGのブース

 ホールの中央では、ベースの部分を共通にし、ガイドロボット、配膳用ロボット、スーパーのカートロボット、トランクを運ぶポーターロボットなど用途に応じて上部を入れ替えたバリエーションロボットが展示されていた。

LGのガイドロボット。足回りの部分が共通で上部を用途によって入れ替えたさまざまなバリエーションが展示されていた
LGのガイドロボット。足回りの部分が共通で上部を用途によって入れ替えたさまざまなバリエーションが展示されていた
スーツケースを運ぶポーター用途のロボット
スーツケースを運ぶポーター用途のロボット

 面白かったのが、さまざまなデザイナーによってつくられたLGのスマートフォンの音を広げるためのスマホスタンドだ。バイオリンのような形状をしたものからエンジンを思わせるものまで、遊び心があり、機能性重視で音を広げやすい金属製のものも展示されていた。

中央にスマホをおいて、音を電気を使わずに広げる特製スタンド
中央にスマホをおいて、音を電気を使わずに広げる特製スタンド

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]