logo

新型「iPad Pro」はUSB-C対応--著名アナリストのクオ氏による最新予測

John Falcone (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年09月11日 08時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間9月12日に開催されるAppleのイベントが迫る中、直前になってうわさや報道が次々と浮上しているようだ。最新情報を出したのは、Appleの次期製品に関する予測で確かな実績を誇るTF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏。Macrumorsの記事によると、Kuo氏の最新調査メモには、Appleの次期製品に関する同氏の最新の結論が詳細に記されているという。その内容は、新情報、同氏の過去のレポートの再確認、既に出回っている情報の確認に分類される。

 米CNETは、調査メモのコピーを入手していないが、Macrumorsの記事の概要は以下のとおり。

 6.1インチの「iPhone」は少し遅延の可能性:新モデル3機種で最も低価格になるとされる液晶ディスプレイ搭載のiPhoneは、5.8インチと6.5インチの有機ELモデルと同時には発売されないかもしれない。

 新型「iPad Pro」は「Face ID」をサポートし、Lightningコネクタを廃止してUSB-Cを採用:前者は既に広く予想されているが、後者は事実とすれば、Appleにとって大きな方向転換となる。

 「Apple Watch Series 4」モデルはEKGをサポート:心電図(EKG)取得機能が追加されれば、Apple Watchのヘルスモニタリング機能は増強される。Kuo氏は、裏蓋がセラミック製のモデルがさらに登場するとし、ベゼルがさらに細くなって同じフレームサイズのままでより大きなディスプレイが搭載されるという自身の以前のレポートの内容を再度繰り返した。

 低価格のMacBookには「Touch ID」搭載の可能性:長らくうわさされてきたMacBook Airの後継とみられる製品は、Appleのラップトップとして初めて「Touch Bar」なしでTouch IDをサポートすることになると、Kuo氏は予測している。

 「AirPower」と新型「AirPods」がまもなく発売:MacRumorsによると、「2018年内に」とKuo氏は予測しているという。

iPad Pro
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]