logo

ユニシス、AIやRPA活用の働き方改革支援サービス「Connected Work」を展開

佐藤和也 (編集部)2018年09月09日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスグループは、オフィスワークを中心とした働き方改革から、現場で働く人の新たな働き方を提案するサービスまでを「Connected Work」として体系化し、10月1日からサービス提供を開始する。

 このサービスは、日本ユニシスグループが今まで業務課題解決で得た経験やノウハウ、ITサービスを提供してきた実績を踏まえて、AIやRPAを始めとした新たなソリューションを統合して体系化したもの。働き方の課題を持つ人の視点で、情報収集を行い可視化することで見える化し、過去の情報や案件で得た経験に基づき関連する業務をつなげること で課題の解決方法を提供。さらに新たな場所や人に広げて提供できるサービスの創出までを支援する。

 サービス体系としては「ビジョン策定・見える化」「コミュニケーションのスピードアップと活性化」「業務改革で生産性を向上」「クラウドを活用したスマート運用」「AIとの協働で新しい価値を実現 」の5つのグループが用意されている。

 新たに提供するサービスとしては、業務改革支援ソリューションとして、日本マイクロソフトの「デジタルアドバイザリーサービス」、ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズの「コンサルティングサービス」、MeeCapの「MeeCap」を提供。また、労務・勤怠管理系ソリューションでは、キヤノンITソリューションズの「テレワークサポーター」、位置情報管理ソリューションではPhone Appliの「連絡とれるくん/居場所わかるくん」となっている。

 このほか、RPAソリューション「RPAサービス」、AI活用ソリューション「知的エージェントサービス RinzaTalk」といった日本ユニシスグループの既存サービスについても、Connected Workとして体系化したサービスとして提供する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]