logo

アマゾン、アップルに続き時価総額1兆ドルを突破

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年09月05日 07時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間9月4日、一時的に時価総額が1兆ドルに達し、Appleの仲間入りを果たした。

 Amazonの株価は4日午前、2050.50ドルの高値を記録した。Amazonが7月に発表した最新の四半期決算報告書によると、同社の株式総数は4億8774万1189株で、時価総額1兆ドルに達するには2050.27ドルを超える必要があった。

Amazonの最高経営責任者(CEO)、Jeff Bezos氏
Amazonの最高経営責任者(CEO)、Jeff Bezos氏
提供:David Ryder/Getty Images

 Amazonは、時価総額1兆ドルを達成した2番目の米国企業となった。小売業界と、収益性が非常に高いクラウドサービス事業で、優勢を維持していることが株価上昇につながった。

 しかし、その状態はあまり長く続かなかった。Yahoo Financeによると、Amazonの株価は4日午後には2030~2040ドル台を推移し、時価総額1兆ドルの閾値を下回った。

 Appleは8月初旬、1株あたり207.05ドルに達し、時価総額1兆ドルを達成した。時価総額1兆ドルに達したのは、米国企業としては初めてで、世界の上場企業としては2番目。石油・ガス会社の中国石油天然気(ペトロチャイナ)が2007年に、上海証券取引所で短時間だけ時価総額1兆ドルを達成している。Appleの時価総額は4日、1兆1000億ドル周辺で推移した。

 Amazonはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]