logo

ライドシェアアプリ「CREW」運営のAzitが10億円を調達

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年09月03日 17時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライドシェア(相乗り)アプリ「CREW(クルー)」を提供するAzitは9月3日、Eight Roads Ventures Japan、グローバル・ブレイン、モバイル・インターネットキャピタル、クルーズと、個人投資家らから総額約10億円を調達したと発表した。

ライドシェアサービス「CREW」
ライドシェアサービス「CREW」

 同社は、2015年10月より“乗りたい人”と“乗せたい人”をつなげる移動のモビリティプラットフォームサービスCREWを運営している。アプリ上で出発点と到着点を設定すると、近くを走るCREWパートナー(ドライバー)とマッチングされる。

 利用者は、実費とシステム利用料を支払うほか、任意で謝礼を支払うことも可能。また、利用者とドライバーそれぞれが相互に評価できる。現在のサービス対象地域は、東京都内の一部地域と鹿児島県与論島(順次拡大・実証実験中)。

 同社は今回の増資により、日本ならではのモビリティプラットフォームを拡張すべく、CREW事業を拡大するとしている。それにともない組織を拡大するほか、マーケティング、ローカルエリアサービスも含めた全国各地へのソリューション提供にも積極的に取り組むという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]