アップル、巻物のようにクルクル丸まるタブレット--特許が成立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、既存の技術をうまく組み合わせて斬新なデバイスを作り、それをサービスと連携させるなどし、一貫性のあるエコシステムを構築することが得意だ。

 そんなAppleが、巻物のようにクルクル丸められるディスプレを備えるデバイスに関する技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間4月18日に「ELECTRONIC DEVICES WITH RETRACTABLE DISPLAYS」(特許番号「US 9,625,948 B2」)として登録された。出願日は2015年8月24日、公開日は2017年3月2日(公開特許番号「US 2017/0060183 A1」)。


登録されたAppleの特許(出典:USPTO)

 この特許は、円筒に近い形状のハウジングと、柔軟性のあるディスプレイなどで構成されるデバイスに必要な技術を説明したもの。ディスプレイはハウジングへ巻き取れる構造で、ハウジング内部にはスピーカ、マイク、カメラ、バッテリなどが取り付けられる。広げるとタブレットのように使えて、巻き取るとコンパクトになって収納や持ち歩きが容易だろう。


広げるとタブレットのように使える(出典:USPTO)

巻き取るとコンパクトに(出典:USPTO)

 第1クレーム(請求項)はディスプレイの種類に言及していないが、有機LED(OLED)を構成要素として挙げたクレームもある。また、実施例はLCDとして説明していた。ほかにも、ディスプレイにタッチセンサを組み合わせるクレームも掲載されていた。


ハウジング内にディスプレイを巻き取る構造(出典:USPTO)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加