logo

UQ、「WiMAX」サービスを2020年3月に終了へ--機種変更を案内

藤井涼 (編集部)2018年09月03日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 UQコミュニケーションズは9月3日、周波数の有効利用を目的に、2009年2月から提供してきた通信サービス「WiMAX」を、2020年3月31日をもって終了することを発表した。これに先立ち、2018年9月30日をもって、WiMAXサービスの新規受付を終了する。

 同社では、50MHzの周波数帯のうち40MHzを「WiMAX 2+」に、10MHzをWiMAXに使用してきた。今後はこの10MHzをWiMAX 2+に切り替え、50MHzすべてをより高速なWiMAX 2+に充てるという。これにより、WiMAX機器や一部のWiMAX 2+機器に搭載しているWiMAXサービスは利用できなくなる。

WiMAX

 そのため、現在WiMAX機器を利用するユーザーには、WiMAX 2+機器と同サービスへの変更手続きを案内する。該当するユーザーが無料でWiMAX 2+に変更できるキャンペーン「おトクに機種変更」を10月1日から開始するという。専用サイトから申し込むことで、交換端末が自宅まで宅配便で届く。

 対象となるプランは「UQ Flat年間パスポート」「UQ Flat年間パスポートハート割」「UQ Flat」「UQ Step」「UQ 1Day」。対象となるデータ通信カードやモバイルルータは、WiMAX 2+に対応した「Speed Wi-Fi NEXT W05」「Speed Wi-Fi NEXT WX04」「Speed Wi-Fi HOME L01s」へと交換できる。

サービス終了の対象となる「WiMAX」端末
サービス終了の対象となる「WiMAX」端末
WiMAX
そのほか終了対象となる端末の一部

 おトクに機種変更では、たとえば「UQ Flatツープラスギガ放題 3年プラン」に申し込んだ場合、通常月額4380円のところ月額3696円で3年間利用できるほか、WiMAX契約解除料と登録料、そして端末代が0円になるという。また、3年プラン、4年プランを契約するユーザーは、通常1005円のLTEオプションも無料となる。

 ただし、一部のWiMAX「ノーリミット」対応のWiMAX 2+デバイスや、WiMAX搭載 WiMAX 2+デバイスは、おトクに機種変更の対象外。これらの端末のユーザーには、最新のWiMAX 2+への機種変更サービスを別途用意するという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]