logo

Facebook、Twitterからの自動投稿が消失する問題に対応--原因はTwitter側の要請

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2018年08月30日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TwitterからFacebookに自動投稿されていた近況アップデートが、Facebookユーザーのタイムラインから消失する現象が起きていた問題で、Facebookはこの状況を修復したうえで、問題の原因はTwitterからの要請にあったと説明した。

 Facebookには以前から、ユーザーが自分のFacebookアカウントとTwitterアカウントをリンクさせる機能がある。これにより、投稿したツイートがFacebookのタイムラインに自動投稿されるよう設定することが可能だった。だがこの1週間、このリンク機能を利用していたFacebookユーザーの間で、自動投稿されていた内容がFacebookのタイムラインから消える現象が起きていた。

 この現象(TechCrunchがいち早く報じた)は当初、Facebookがユーザーのプライバシーの懸念を和らげるために、最近になってサードパーティーの開発者が利用できるAPIの範囲を制限したことに関連していると考えられていた(この制限により、TwitterからFacebookへの自動投稿は8月以降できなくなっている)。この制限措置は、Donald Trump氏の米大統領選挙戦に関わったデジタルコンサルタント企業Cambridge Analyticaが、約8700万人分のFacebookユーザーの情報を不正に利用していた事件を受けてのものだった。この一件は、Facebookによるユーザーデータの扱いや、データを保護するための取り組みに疑念を抱かせるきっかけとなった。

 だが、今回の問題はどうやら、FacebookによるAPIの制限ではなく、Twitterに原因があったようだ。

 「Twitterの管理者から同社のアプリを削除してほしいとの要請があった。その結果、TwitterからFacebookに自動投稿されていた内容も、ユーザーのプロフィールから一時的に削除されてしまった」とFacebookの広報担当者は述べた。「しかしその後、われわれが過去の投稿を復元し、現在はユーザーのプロフィールに表示されている」

 Twitterはコメントを控えた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]