logo

Twitter、フォロー解除すべきアカウントを提案する機能をテスト

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年08月30日 10時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterはかなり前から、同プラットフォーム上のユーザーの個々の履歴に基づいて、フォローすべきユーザーに関するお勧め情報をパーソナライズしている。これによって、同社はユーザーがエンゲージメントを高め、使用時間を増やすことを期待している。しかし、そんなTwitterが、フォローを解除すべきユーザーを提案する機能もテストしていた。

提供:Twitter
提供:Twitter

 テストの狙いは、ユーザーのタイムラインの効率性を高めることだ、とTwitterは述べている。

 Twitterによると、この短期間のテストは既に終了しており、このテストに関わったのはTwitterのユーザーベースのごく一部だけだという。

 フォローを解除すべきユーザーを提案する機能の提供は、Twitterが一部のユーザーの可視性を制限しようとしていると受け止められる可能性もある。Donald Trump大統領は7月、Twitterが「シャドーバン」(運営側が特定のアカウントの表示を非公式に制限すること)と呼ばれる手法を使って同サービス上で保守派の声を抑圧していると批判し、Twitterは「行動に基づく順位付けは政治的見解やツイートの内容によって行っているわけではない」と反論した。

 この機能がより幅広いユーザーベースに提供される予定なのか、もしそうだとしたらいつになるのかは、明らかでない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]