logo

インテル、第8世代「Core」の新チップ6種を発表--UシリーズとYシリーズを追加

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年08月29日 08時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、ドイツで現地時間8月31日に開幕する家電見本市「IFA 2018」に先立ち、6つの新しいノートPC用CPUを発表した。UシリーズとYシリーズの新しいプロセッサがそれぞれ3種類ずつ、Intelの第8世代「Core i」シリーズに加わる。これまではそれぞれ、「Whiskey Lake」と「Amber Lake」という開発コード名で知られていたチップだ。

 これらのチップは、主流のクラムシェル型から薄型ファンレス設計にいたるまでのノートPC、タブレット、2in1端末向けで、ギガビットWi-Fiの搭載をサポートする。Intelによると、ギガビットWi-Fiの搭載は、このクラスのコンシューマー向けPCとしては初めてだという。ギガビットWi-Fiを搭載するシステムには、「Optimized for Connectivity」というラベルが付けられるという。

提供:Intel
提供:Intel

 「Core m」およびCore iファミリに追加される6種類の新CPUは、以下のとおり。

  • 1.1GHzの「Core m3-8100Y」
  • 1.3GHzの「Core i5-8200Y」
  • 1.5GHzの「Core i7-8500Y」
  • 2.1GHzの「Core i3-8145U」
  • 1.6GHzの「Core i5-8265U」
  • 1.8GHzの「Core i7-8565U」

 Intelは新CPUの発表に際し、同社の目標は、バッテリ残量の低下を心配しなければならないなどの問題点を解決することだと述べた。さらに高い電力効率により、新しいノートPCのバッテリ持続時間は最大16時間にまで延長可能だという。UシリーズとYシリーズのチップは、古いコンピュータを使い続けているユーザーにアップグレードしようかと思わせるほど、性能も向上させる可能性がある。Intelによると、5年以上前のPCをまだ使い続けているユーザーは多く、最新の第8世代CPUは、その5年前のシステムの性能を一般的に2倍に引き上げることができるという。

提供:Intel
ゲームも重視しているという
提供:Intel

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]