logo

DAZN、プリペイドカードの販売を開始--コンビニなどで購入可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スポーツ専門の動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」は8月28日、POSA(Point of Sales Activation)技術を活用した「DAZNプリペイドカード」の販売を開始した。

「DAZNプリペイドカード」
「DAZNプリペイドカード」

 POSAは、販売店のレジで支払いが確定した時点で、初めて対象のカードが使用可能となる技術。米国をはじめとする世界各国で、プリペイド方式のギフトカードに採用されている。

 DAZNプリペイドカードを購入することで、すでにコンビニエンスストア各社が販売している「DAZNチケット」と同様に、クレジットカードを登録することなくDAZNの視聴が可能となる。

 カードの種類は、視聴期間1カ月(税込価格:1890円)、3カ月(税込価格:5670円)、5カ月(税込価格:9450円)の3種類。全国の主要家電量販店や、一部コンビニエンスストアなどで取り扱う。

 DAZNは、パフォーム・グループが提供する、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などの端末で、年間7500以上のスポーツ試合を視聴できる動画配信サービス。現在、日本を含む6カ国でサービスを開始しており、支払いはクレジットカードやNTTドコモ経由に加え、アプリ内課金、DAZN視聴パス、DAZN チケットなどを用意している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]