logo

デノン、ドルビーアトモス、DTS:X、Auro-3Dに対応するAVアンプ2機種--500シリーズそろい踏み

加納恵 (編集部)2018年08月30日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デノンは8月30日、AVアンプの新製品として11.2ch AV サラウンドアンプの「AVC-X6500H」(税別価格:32万円)と9.2ch AV サラウンドレシーバ「AVR-X4500H」(同:17万円)を発表した。両機種ともにドルビーアトモス、DTS:X、Auro-3Dに対応する。発売は9月中旬。

 デノンではハイエンドモデルの「AVC-X8500H」を筆頭し、「AVR-X2500H/X1500H/X550BT」と、500シリーズを展開しており、AVC-X6500HとAVR-X4500Hの登場により、フルラインアップがそろったことになる。

 AVC-X6500Hは、最大出力250Wの11.2chディスクリート・モノリスコンストラクション・パワーアンプを内蔵。独自のAVサラウンド設計の中核技術「D.D.S.C.-HD32」は、32ビットプロセッシングを行う最上位バージョンを搭載する。

 HDMI8入力、3出力を備え、すべての端子がHDCP 2.2に対応。4K Ultra HDパススルー、4Kアップスケーリング機能も装備。DACは、X8500Hと同シリーズのプレミアムDACを採用。ポストフィルター回路を刷新し、薄膜高分子積層コンデンサーや薄膜抵抗など音質対策パーツを用いることで、DACの性能を最大限に引き出すとしている。サイズは高さ235mm×幅434mm×奥行き389mm(アンテナを立てた状態)で、重量約14.6kgになる。

「AVC-X6500H」
「AVC-X6500H」
「AVC-X6500H」リアパネル
「AVC-X6500H」リアパネル
「AVC-X6500H」の内部設計
「AVC-X6500H」の内部設計

 AVR-X4500Hは、最大出力235Wの9chディスクリート・パワーアンプを内蔵。X6500Hと同様に「D.D.S.C.-HD32」を備える。HDMI8入力、3出力でHDCP 2.2に対応。32ビット対応のDACを採用する。サイズは高さ236mm×幅434mm×奥行き389mm(アンテナを立てた状態)で、重量約13.7kgになる。

「AVR-X4500H」
「AVR-X4500H」
「AVR-X4500H」リアパネル
「AVR-X4500H」リアパネル
「AVR-X4500H」の内部設計
「AVR-X4500H」の内部設計

 いずれも、ワイヤレスオーディオシステム「HEOS」テクノロジを搭載し、ストリーミングサービスやインターネットラジオなどのネット機能を使うことが可能。DLNA対応ミュージックサーバやBlutooth機器など、ネットワーク音源も再生できる。

 5.6MHzまでのDSDファイルと192kHz/24ビットまでのPCM系ファイルに対応し、ハイレゾ音源の再生にも対応。iOS 11.4で追加された新機能「AirPlay 2」も使用可能だ。

「AVC-X8500H」を筆頭し、「AVR-X2500H/X1500H/X550BT」と、500シリーズを展開しており、AVC-X6500HとAVR-X4500Hの登場により、フルラインアップがそろった
「AVC-X8500H」を筆頭し、「AVR-X2500H/X1500H/X550BT」と、500シリーズを展開しており、AVC-X6500HとAVR-X4500Hの登場により、フルラインアップがそろった

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]