logo

シンガポール国立大学、ソーラー発電だけで飛行するドローンを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シンガポール国立大学(NUS)の研究チームは、太陽光発電で得る電力だけで飛行するドローンを開発した。

ソーラー発電だけで飛行するドローン(出典:NUS)
ソーラー発電だけで飛行するドローン(出典:NUS)

 このドローンは、4つのローターで浮力を得て飛行するクアッドコプター。軽量化のためカーボンファイバー素材を採用し、重さを2.6kgに抑えた。上部には、約4平方mの面積に148枚のソーラー発電セルが貼り付けてある。

 エネルギー源はソーラー発電パネルだけで、バッテリなどを搭載していない。プロトタイプ機は高さ10mの飛行に成功した。太陽光が当たる限り飛び続けられるため、連続飛行時間に制限がないという。

プロトタイプ機は高さ10mの飛行に成功(出典:NUS/YouTube)
プロトタイプ機は高さ10mの飛行に成功(出典:NUS/YouTube)

ソーラー発電ドローンの紹介ビデオ(出典:NUS/YouTube)


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]