logo

世銀、世界初のブロックチェーン債を発行

Asha McLean (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2018年08月27日 10時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界銀行がブロックチェーンを使った世界初の債券を発行した。この債券発行の単独主幹事であるCommonwealth Bank of Australia(CBA)が、起債の完了を発表した。

 CBAによると、豪ドル建ての債券「bond-i」(blockchain operated new debt instrument)は、イーサリアムのプライベートチェーンを採用し、起債から分配、振替、管理まで、手続きの全体を分散型台帳技術だけを使って行うという。

 2年債のbond-iの発行額は1億1000万豪ドル(約90億円)だ。

 bond-iに投資するのは、CBAのほか、First State Super、ニュー・サウス・ウェールズ財務公社、Northern Trust、QBE、南オーストラリア州金融公社(SAFA)、ビクトリア州財務公社などだ。

 CBAは8月上旬にこの計画を発表した際、bond-iが起債されたら、ワシントンDCに拠点を置く世界銀行とシドニーのCBAが運営するブロックチェーンプラットフォームで、発行と分配が行われると述べた。

 このブロックチェーンプラットフォームは、CBA Innovation LabのBlockchain Centre of Excellenceが設計し、開発した。CBAのブロックチェーンプラットフォームのアーキテクチャ、セキュリティ、レジリエンス(回復力)については、外部機関としてMicrosoftがレビューを行った。また、法律事務所のKing & Wood Mallesonsが、bond-i発行の取引顧問を務め、実装に向けた合法なアーキテクチャについてアドバイスした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]