logo

ニコン、初のフルサイズミラーレス「Z6」「Z7」発表--新型Zマウント採用

山川晶之 (編集部) 西中悠基 (編集部)2018年08月23日 13時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンは8月23日、新型ミラーレスカメラ「Zシリーズ」として「Z6」と「Z7」を発表した。

キャプション
ニコンの新型ミラーレス一眼「Zシリーズ」
キャプション
「Z7」と「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」
キャプション
競合のα7RIIIとZ7を比較。α7RIIIの方がコンパクトなものの、グリップの握りやすさはZ7に軍配が上がる

 同社初のフルサイズセンサを搭載したミラーレスカメラであり、Z6は有効画素数2450万画素、Z7は有効画素数4575万画素。センサは、新開発の裏面照射型で、特にZ7はD850からの流用ではないという。また、像面位相差AF画素をZ7では493点、Z6では273点搭載され、撮像範囲の水平・垂直約90%をカバーしている。新画像処理エンジン「EXPEED 6」と組み合わさることで、高い静止画・動画撮影性能を実現する。また、5段階の手ぶれ補正ユニットを本体に内蔵している。

 電子ビューファインダーは約369万ドットの有機ELパネルを採用。視野率約100%、ファインダー倍率は約0.8倍、対角視野角約37.0度となっている。ボディは、D850と同等の防塵・防滴性能と堅牢性を実現。3.2インチ約210万ドットの液晶パネルは、チルト式でタッチ操作に対応。連写性能は、Z7が秒間7コマ、Z6が秒間12コマ。バッテリ・メモリカードを搭載した状態の重量は約675g。対応メモリカードは、XQDカードのみとなる。

キャプション
高い光学性能を実現
キャプション
メモリカードはXQDのみに対応する

 新マウント「Zマウント」システムを搭載し、マウント内径は55ミリ、フランジバック16ミリと余裕を持った設計となっている。レンズは新開発の「NIKKOR Z」シリーズを発表。「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」が最初のレンズとして登場する。また、Fマウントレンズを装着できる「マウントアダプター FTZ」もラインナップされ、AFスピードもFマウントカメラと同等の性能が出せるとしている。

 そのほか、開発発表として「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を紹介。ニコン史上最高となるF値0.95を実現。新マウントだからこそ実現したとしている。

 動画性能にも注力している。Z6、Z7ともに、フルサイズ画角での4K/30fpsと1080p/120fpsの動画撮影に対応。全画素読み出しにより、解像感を高めている。また、「アクティブD-ライティング」「電子手ブレ補正」「フォーカスピーキング」を使用可能。さらに、10bitでのHDMI出力時には、ニコン独自の「N-Log」が使用できる。レンズでも、静止画以外にも動画撮影に配慮されており、フォーカスブリージング対応、静音化、滑らかな露出制御、コントロールリングの搭載など、動画撮影に適した性能を備えているという。

キャプション
まずは新型レンズ3本を展開
キャプション
マウントアダプターを装着することでFマウントレンズも使用可能。これまで販売されているアクセサリも利用可能だ
キャプション
F0.95の58mm単焦点レンズを開発発表。マウント径の大きな新型マウントだからこそ実現したという
キャプション
今後のレンズラインナップ。F2.8通しのいわゆる"大三元"レンズも2019年〜2020年にラインナップ予定

 価格はオープンプライスだが、店頭予想価格としてZ7が税込み44万円前後、Z6が税込み27万円前後。レンズの希望小売価格は、24-70mm f/4 Sが税別13万6500円、35mm f/1.8 Sが税別11万4000円、50mm f/1.8 Sが税別8万3500円、マウントアダプターFTZが税別3万6500円。発売時期は、Z7、24-70mm f/4 S、35mm f/1.8、マウントアダプターFTZが9月下旬。50mm f/1.8 Sが10月下旬。Z6が11月下旬を予定している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]