logo

グーグル「Chrome 69」リリースは9月、Flash終了へのさらなる対応など

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年08月23日 14時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Chrome」ブラウザは、米国時間9月4日に公開予定の「Chrome 69」で設計を刷新するようだ。

 視覚的な変更の詳細は不明だが、「Material Design」の全面的な見直しで7月に公開された丸みのあるタブになる可能性が高い。

 「Chrome Enterprise」のリリースノートでは、Chromeブラウザのアップデートについて、「Windows」との連携やセキュリティ、安定性に焦点を当てたいくつかの新機能に言及している。

 リリースノートには、「注目点は、『Microsoft Windows 10』の通知センターとの連携、Windowsでのタッチパッドを使ったジェスチャーナビゲーション、オートフィル機能のアップデートなどだ」と書かれている。

 セキュリティについては、「Password Alert」拡張機能を完全に統合し、疑わしいサイトがユーザーのアカウント(Googleアカウントと非Googleアカウント)にアクセスできないようにする。

 また、「サードパーティーのコードをデフォルトでブロックする」、つまり(アクセスが一時的に有効にされない限り)外部のソフトウェアをブラウザプロセスに追加できないため、Chromeのクラッシュが減るはずだ。

 今回のアップデートは、Adobeの「Flash Player」終了に向けた対応も含まれている。Chrome 69から、ユーザーはChromeを起動するたびに、サイトでFlashの実行を許可するよう求められるようになる。

 米CNETはGoogleにさらなるコメントを求めたが、回答は得られていない。

 分析会社StatCounterによると、Chromeは最も人気があるウェブブラウザで、2017年7〜2018年7月にウェブサイト利用の50%以上を占めているという。

Google Chrome
提供:NurPhoto

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]