logo

「HTC Vive」をワイヤレスで楽しめる--無線アダプタが9月に予約開始へ

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年08月22日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HTCは米国時間8月21日、同社の仮想現実(VR)ヘッドセットを無線化できるアダプタ「Vive Wireless Adapter」の事前予約受付を米国で9月5日に開始すると発表した。価格は299ドル(約3万3000円)。

 HTCのブログ記事によると、9月24日に発売されるこのアダプタは、VRヘッドセットの「Vive」および「Vive Pro」に対応する。ただし、Vive Proにはさらに、別売の互換パック(60ドル、約6600円)も必要になる。

 互換パックには、Pro用の接続ケーブル、クッション素材のパッド、付属デバイスが含まれる。

 アダプタを設置するには、PCのPCI Expressカードスロットにセンサを取り付ける。これにより、PCとViveヘッドセットの間でブロードキャスト通信が可能になる。アダプタは「HTC QC 3.0 PowerBank」で給電できる。バッテリ持続時間は2.5時間だが、バッテリを複数購入することもできる。

Vive Pro
Vive Pro
提供:Claudia Cruz/CNET

 アダプタの購入特典には、もれなく2カ月にわたる「Viveport」の試用期間が含まれる。Viveportは、VRアプリをプレイできるサブスクリプションサービスだ。米国の顧客は、Amazon.com、Best Buy、Microsoft、Newegg、Vive.comからアダプタを事前予約できる。

 HTCの米国向けVive担当ゼネラルマネージャー、Daniel O'Brien氏は声明で次のように述べた。「われわれはViveを初めてデモして以来、最高のプレミアムVRを実現するには無線化する必要があることを認識していた」

 「しかし当社は、素晴らしいワイヤレス体験を提供するには、時間と優秀なパートナーが必要なことを学んだ。真に類のないワイヤレスVR体験をもたらすために、エンジニアリングの専門技術を結集させた。このビジョンの実現を支援してくれたIntelとDisplayLinkに感謝する」(O'Brien氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]