logo

パナソニック、ドアホンに2機種の新モデル--ビデオ通話対応機も

加納恵 (編集部)2018年08月21日 16時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックが、モニタ付きやインターネット、スマートフォンとの連携により、ドアホンの可能性を広げている。8月21日、テレビドアホン「外でもドアホン」VL-SWD505シリーズとホームネットワークシステム「スマ@ホーム システム」に新製品を発表した。いずれも発売は10月18日。

 発表したのは、ワイヤレスモニタのテレビドアホン「VL-SWD505KS」(露出/埋込両用型)、「VL-SWD505K」(露出型)と、モニタ付きドアカメラ「VS-HC400」になる。

「外でもドアホン VL-SWD505KF」(露出型)
「外でもドアホン VL-SWD505KF」(露出型)

 テレビドアホンVL-SWD505シリーズは、モニタ親機とスマートフォンを使ってビデオ通話ができる、業界初の機能を備えた新モデル。モニタ親機をインターネット回線に接続することで、専用アプリ「ドアホンコネクト」をインストールしたスマートフォンで外出先でも映像を見ながら来訪者の応対ができるほか、モニタ親機、スマートフォン間でビデオ通話が可能だ。

 モニタ親機のカメラを通じてビデオ通話ができ、通話相手を選択して呼び出しボタンを押すと、登録済のスマートフォンを呼び出し、最大10分間のビデオ通話が可能。モニタ親機に1件あたり約1分間のビデオメッセージも残せる。

 別売の「みまもりリモコン(VS-WD100-K)」をモニタ親機に登録すれば、外出中でもスマートフォンで家族の帰宅、外出の確認もできる。みまもりリモコンを持った家族が自宅圏内か自宅圏外かをモニタ親機が判別し、状態が変わるとスマートフォンに通知する機能も備える。

「外でもドアホン VL-SWD505KS」(露出/埋込両用型)
「外でもドアホン VL-SWD505KS」(露出/埋込両用型)

 スマ@ホーム システムは、インターネット環境やスマートフォンがなくても使える ホームネットワークシステム。ワイヤレスドアカメラとモニタ親機は予めペアリングされているので、設定不要ですぐに使える。

 部屋に居ながらモニタ親機で来訪者と会話をしたり、ドアの外の様子を見ることが可能。玄関の呼出音に連動して玄関の映像をモニタ親機に自動的に表示できるため、家事や作業をしながら来訪者の顔を確認できる。

 インターネットに接続すれば、専用アプリ「ホームネットワーク」をインストールしたスマートフォンから、外出先でもリアルタイムに映像と音声で来訪者の応対を実現。ホームユニットに接続すれば、別売の屋内カメラと組み合わせるなど、スマ@ホーム システムの各機器と連携が可能だ。

「スマ@ホーム システム VS-HC400」シリーズ
「スマ@ホーム システム VS-HC400」シリーズ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]