logo

「OneDrive」の「Known Folder Migration」機能、コンシューマーにも提供開始か

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年08月16日 11時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは6月、「Windows」PC上のデータを「OneDrive」に移行する際の支援を目的とした「Known Folder Move」(KFM)という機能を「OneDrive for Business」のユーザーに提供すると発表した。その際に同社は、「OneDrive」のコンシューマー向けにも同機能を提供すると示唆していた。

Microsoft
提供:Microsoft

 そしてThe Vergeの米国時間8月15日付けの報道によると、同機能がコンシューマー向けに公式に提供されていることが明らかになったという。

 同機能を利用することで、「Windows 7」と「Windows 8」「Windows 10」の「ドキュメント」と「ピクチャ」「デスクトップ」の各フォルダを自動的にバックアップできるようになる。Microsoftのドキュメントによると、「Outlook」のデータファイル(.pst)や「OneNote」ファイルが、OneDrive上に保存されたことがないという場合、これらのファイルはKFMによってバックアップされないという。

 Microsoftは企業のIT担当者に対して、同機能によってユーザーのデータをローカルPCからクラウドに移行できるというメリットを示している。しかしコンシューマーに対しては、機能的には同じであるものの、そのメリットは少しばかり異なったものとなっている。

 この機能を有効にしていれば、プロンプトに従って設定する場合でも、手動で複数の操作を経て設定する場合でも、ローカルに保存した後でOneDriveに同期するよりも、情報をより優れた形で同期させておけるようになる。

 Microsoftはこれにより、OneDriveに保存されたファイルがランサムウェアに感染した場合に通知し、ファイルの復元を可能にする機能などによって、より多くのファイルを保護できるとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]