logo

次期「iPhone」最高機種は「Apple Pencil」対応で最大512GB--調査会社が予測

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年08月15日 08時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年秋に発表される次期主力「iPhone」に関する最新の予想として、スタイラス「Apple Pencil」をサポートし、ストレージ容量は最大512Gバイト、6.5インチの画面を搭載するバージョンが提供されるという情報が浮上した。調査会社TrendForceが、公開したプレスリリースの中でそのように予測している。

次期iPhoneに関するTrendforceの予想
次期iPhoneに関するTrendforceの予想
提供:Trendforce

 どこかで聞いたような気がするとすれば、それはおそらく、サムスンが最近発表した「Galaxy Note9」も似たような特長を備えているからだ。Galaxy Note9は、スタイラスをサポートし、512Gバイト版が提供されており、6.5インチの有機EL画面を装備する。Trendforceは次期iPhoneのハイエンドモデルの価格を999ドルからと予測しているが、これまで次期iPhoneの価格を1100ドルとする見方も報じられていた。TrendForceはさらに、このハイエンドモデルが一部地域でデュアルSIMに対応すると予想している。

 同社はこのほか、「iPhone X」の後継に当たる5.8インチのAMOLEDモデルと、より低価格の6.1インチの液晶画面モデルが発売されると予想。これによりiPhone Xは通常よりも早く終了に向けたプロセスに入るとしている。プレスリリースには、2種類のAMOLEDモデルの組み立ては既に始まっており、低価格の液晶画面モデルの組み立ては9月中旬に始まる予定だと記されている。3機種とも9月~10月に出荷されるという。

 TrendForceは、6.1インチの液晶画面モデルが699~749ドルからと、他の予測よりも高い価格で販売されると考えている。iPhone Xに代わる5.8インチ版は、899~949ドルからと、現行モデルよりも低い価格で提供され、最高モデルは999ドルからの価格になるとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]