logo

「Windows 10」に新たなセキュリティ機能「InPrivate Desktop」が追加か

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年08月09日 10時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftがこれまで未発表だった新機能をまた「Windows 10」に追加しようとしているようだ。それは「InPrivate Desktop」という新しいセキュリティ機能とみられる。

 Bleeping Computerが米国時間8月8日に掲載した記事によると、InPrivate Desktop機能は「信頼できないソフトウェアを安全に一度だけ実行するための使い捨てサンドボックス」の役割を果たし、「Windows 10 Enterprise」向けの機能だという。Bleeping Computerによると、Windows 10の「フィードバックHub」において、クエストの一部としてこの機能のプレビュー版に関する言及があったという。

 そのクエストに書かれているwikiのURLにMadridという文言が入っていることを考えると、提供予定のInPrivate Desktop機能の開発コード名は「Madrid」かもしれない。

 InPrivate Desktopは「Windows Defender Application Guard」(WDAG)に少し似ているように思える。WDAGはブラウザ経由でダウンロードされる潜在的なマルウェアやエクスプロイトを隔離することで、脅威を隔離して封じ込める。WDAGは仮想化ベースのセキュリティを使用して、潜在的な悪質コードをコンテナに隔離し、それが企業ネットワークに拡散するのを防ぐ。

 InPrivate Desktopは、2018年10月頃にメインストリームユーザーへの提供が開始される予定の「Windows 10 Redstone 5」には間に合わないのではないかと、筆者は推測している。最終的に、その次の大型Windows 10アップデート(開発コード名「19H1」)に搭載されるかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]