logo

麻倉怜士の新デジタル時評--リスニングルーム大幅リニューアル、AVアンプ、DACなど入れ替え - (page 3)

加納恵 (編集部)2018年08月21日 15時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

劇的変化をもたらすUSBケーブルの開発者はトロンボーン奏者

 このシステム構築にはおまけがあって、マランツのメインチャンネルはJubileePreampを経由させた。入力と1対1の同じレベルで出力する「ユニティゲイン機能」だ。AVアンプ側のボリューム1つでメインも操作できるようになったため、便利であり、JubileePreampが音に生命力を吹き込んでいる。真に優れたプリアンプは音に音楽性やエネルギーを与える役割も果たす。単なる音の増幅だけでなく、途中で栄養を与えることで音が良くなるのである。

 このように大きくシステムを変化させた自宅のオーディオ、ビジュアル環境だが、最後にもう1つ変えることで、劇的に変化したものを紹介したい。それはPCオーディオとして使っているVAIOとUltra DACを接続するケーブルだ。ここにNVS製のUSBケーブル「Silver Inspire S SE USB Cable」を導入した。

NVSのUSBケーブル「Silver Inspire S SE」
NVSのUSBケーブル「Silver Inspire S SE」

 NVSは、オーケストラのトロンボーン演奏者であるNathan Vander Stoep氏が手がけるオーディオケーブル。元々は趣味で始めたケーブル作りだが、口コミで広がりオーディオファンから熱烈な支持を得ている。

 何が違うのかというと「Inspireパウダー」と呼ばれるパウダーをチューブ内に充填していること。さらに各チューブを銅、カーボン、マグネシウムの複合シールド材で覆い、音楽表現力の高いUSBケーブルを完成させた。

 私は5~6年前のCESでNVSのケーブルに出会い、日本で紹介したところ、注目を集めるようになって、今では、一度使うとほかのケーブルは使えないと言われるほどファンが付いている。

 Silver Inspire S SEでVAIOとULTRA DACを結ぶと、音楽が止めどもない、勢いで噴出する様子が堪能できる。演奏家の思いというかエネルギー感が伝えるような印象を覚える。そしてボディ感のある、深い音が放出される。透明感がありながら、味わいの濃い音。

 これらの一連のグレードアップにて、オーディオ的にもまた音楽性の観点からも格段に感動的な音になった。毎日の音楽鑑賞が本当に愉しい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]