logo

第2四半期の世界スマホ出荷台数、アップルが3位に転落

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年08月01日 11時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDCの報告書によると、Huaweiは2018年第2四半期に5420万台のスマートフォンを出荷し、世界市場シェアは同社にとって過去最高の15.8%に達したという。

 サムスンは世界スマートフォン市場でライバルに大きな差を付けて首位を維持しているが、Huaweiの第2四半期の出荷台数はAppleを上回った。Appleがスマートフォン市場の四半期シェアで3位以下になったのは、この8年間で初めてだ。

 サムスンは第2四半期に7510万台を出荷し、20.9%の市場シェアを獲得した。一方、Appleは4130万台を出荷し、12.1%の市場シェアを獲得した。

2018年Q2世界スマホ市場、ファーウェイが出荷台数でアップルを上回る

 全体では、スマートフォンベンダーの第2四半期の総出荷台数は3億4200万台で、前年同期から1.8%減少した。IDCによると、これで2017年第4四半期から3期連続での前年同期比減となったという。

 スマートフォン普及率の上昇などで市場全体の成長は停滞しているが、ベンダー各社は新しくて革新的な機能やフォームファクタをインセンティブやプロモーションと組み合わせることで、そうしたトレンドに対処することができる、とIDCは述べた。

 IDCのワールドワイド・モバイル・デバイス・トラッカーズのプログラム担当バイスプレジデントを務めるRyan Reith氏は声明で、「この2年間、Appleは製品の刷新に続くホリデーシーズンの四半期に首位の座についているので、2018年第3四半期以降も上位の順位は変動し続ける可能性が高い。このことには注意する必要がある」と話している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]