logo

深海生物をそっと包んで捕獲するロボットハンド--ヒントは折り紙

Greg Nichols (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2018年07月31日 11時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 われわれは、深海にすむ生物のことを驚くほど知らない。深海は、地球上に残された最後の未踏の領域の1つだ。

 問題は、生物にアプローチする方法にある。深海探査が可能な遠隔操作の無人探査機の登場によって、この謎に満ちた領域に分け入る道が開かれたものの、海の生き物は捕まえにくく、現場で調査するのが難しい。多くの深海生物は、体の大きな捕食者から身を守る硬い殻を必要しないため、体が軟らかいのだ。

キャプション

 したがって、彼らを捕まえると、たいてい殺してしまうことになる。

 だが、この問題の解決に役立つ可能性のあるロボットハンドが登場した。開発に携わったのは、ハーバード大学のウィス研究所とジョン・A・ポールソン工学応用科学部(SEAS)、およびラドクリフ高等研究所の研究者たちだ。

 折り紙にヒントを得たこのロボットハンド「RAD Sampler」は、折りたたむことのできる多面体だ。小さな生物が近づいてくると、遠隔操作でそっと多面体を閉じ、中にできた空間にその生物を閉じ込めることができる。

 ユニークなのは、このロボットハンドが1台の回転モータのみで動いていることだ。モータをゆっくり回転させれば、多面体のパーツが閉じるようになっている。

 研究チームは最近、このロボットハンドのテストをカリフォルニア州モントレーで実施した。遠隔操作の水中探査機にロボットハンドを取り付け、水深500~700mの海中で操作するというものだ。その結果、イカやクラゲといった体の軟らかい生物を捕獲し、傷つけることなく解放することに成功したという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]