logo

メドピア、医師専用コミュニティ「MedPeer」に論文検索・共有サービス「JOURNAL」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メドピアは7月30日、同社が運営する医師10万人が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」において、医師のための論文検索・共有サービス「JOURNAL」をリリースしたと発表した。

キャプション

 JOURNALは、医師が良質な論文に出会う機会を増やすことを通じ、医師の臨床や研究をサポートすることを目的に開発。「PubMed論文を日本語で検索・閲覧」「お気に入りの論文のブックマーク」といった機能を備えるほか、他の医師たちがチェックしている論文や読んだ論文のコメントについて、医師同士で共有できるようになっている。

 また、MedPeerが認定する各領域の実績豊富な専門医「エキスパートドクター」の解説付き論文リストを、公式リストとして表示。「生活習慣病関連論文リスト」「脳神経外科領域の論文リスト」など、テーマ別に選定されたリストを用意する。

 これによりMedPeerの医師会員は、海外で公開されている医学論文に対し、日本語で検索から要旨確認まで対応できるようになった。

 医師は患者の診療において、科学的根拠に基づく医療(EBM:Evidence-based Medicine)を重視しており、EBM実践のために必要な論文検索に、PubMed(米国国立医学図書館が作成し、ウェブ上に無料公開されている文献情報データベース)など利用しているという。しかし、「論文検索および選定の困難さ」や「英語論文に対するハードルの高さ」などの課題があった。

 そこでJOURNALでは、それらの課題を解決し、医師がより効率的に良質な論文に出会えるようサポートするとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]