logo

eSIM搭載、設定なしで105の国と地域で使える通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」 - (page 2)

坂本純子 (編集部)2018年07月26日 17時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

POCKETALKの発表後は時価総額が3.3倍に

 2017年12月に発売した初代「POCKETALK」は、Travis(オランダ)との共同開発による端末で、既存のモデルをベースに日本における独占販売契約を結んだものだった。

 11日間で初回生産台数を完売するなど一般にも好評であることに加え、多くの企業に採用されたことで、同社の時価総額は、POCKETALK発表前の179億円から現在は585億円へと3.3倍になった。

 大きな反響が得られた一方で、「画面が小さい」「言語が多くて探しにくい」「SIMの設定がわからない」「翻訳速度が遅い」など多くの要望が寄せられていたという。

 ソースネクスト 代表取締役社長の松田憲幸氏は、これらの要望を受けて「新製品は自社でつくるしかないと思い、自社開発した」と明かした。また、自社で製品を持つことにより、「今回は世界に展開できる」と意気込む。「今までは日本を中心にしてきたが、世界中に広めグローバルなメーカーになっていきたい。それがPOCKETALK Wを出した意義。通訳機がほぼ当たり前になる時代をつくりたい。“言葉の壁をなくす”というミッションは高くて実現が難しいが、それによって世界に貢献できると確信している」と語った。

ユーザーからの要望に対応
ユーザーからの要望に対応
テレビCMに明石家さんまさんを起用したことにちなみ、ものまねで知られる原口あきまさ(左)さんがゲストとして登場した。安藤美姫さん(右)は、「コンパクトなので持ち運びしやすい。画面も見やすく、機械の声も聞きとりやすいと感じた。機械が苦手な方でもカンタンに操作できる」とコメントした
テレビCMに明石家さんまさんを起用したことにちなみ、ものまねで知られる原口あきまさ(左)さんがゲストとして登場した。安藤美姫さん(右)は、「コンパクトなので持ち運びしやすい。画面も見やすく、機械の声も聞きとりやすいと感じた。機械が苦手な方でもカンタンに操作できる」とコメントした
ソースネクスト 代表取締役社長の松田憲幸氏(中央)
ソースネクスト 代表取締役社長の松田憲幸氏(中央)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]