logo

JVCケンウッド、コンパクト&HDR対応のドライブレコーダーを発売

加納恵 (編集部)2018年07月26日 11時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは7月26日、ドライブレコーダー「GC-DR3」を発表した。フルハイビジョン高画質録画に加え、HDR機能を搭載したエントリーモデルになる。発売は8月上旬。想定税別価格は1万6000円前後になる。

「GC-DR3」
「GC-DR3」

 高さ51mm×幅62mm×奥行き37mmで、小型車にも搭載しやすいコンパクトサイズを実現。フルハイビジョン撮影をサポートし、ナンバープレートや標識など、走行時の映像をより細部まで鮮明に記録する。露出を変えた複数の撮影画像を合成するHDR機能により、逆光やトンネルの出入り口などの明暗差が激しい環境での撮影時におきやすい「白とび」や「黒つぶれ」にも対応する。

 エンジンのON/OFFに連動して、本機の電源が入る「常時録画」、Gセンサが突発的な衝撃や急激な速度変化などを検出すると自動的に録画を開始する「イベント記録」、駐車中の衝撃や動体を検出すると自動で録画、保存を開始する「駐車録画」、表示している映像を写真として保存できる「写真撮影」と4つの記録モードを搭載。16GバイトのmicroSDカード付属する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]