logo

新「MacBook Pro」、キーボードの膜は粉塵対策との説に信ぴょう性

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年07月20日 10時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 徐々に明らかになってきたことがある。それは、「MacBook Pro」2018年モデルの「バタフライスイッチ」キーボードは粉塵への耐性を備えることで、押したキーがスムーズに跳ね返ってこない問題を防ぐように設計されたということだ。前モデルでは、この問題が一部のユーザーを悩ませていた。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

 このキーボードに粉塵の混入に関する修正は含まれないとAppleが米CNETに明言したにもかかわらず、こう言えるのはなぜなのか。

 まずMacRumorsの報道によると、Appleは自社のカナダと欧州のサービスセンターに、米CNETへのコメントとは異なる内容を伝えているという。同社の社内文書「2018 MacBook Pro Service Readiness Guide」(2018年MacBook Proサービス対応ガイド)には、「このキーボードはキーキャップの下に膜があり、粉塵がバタフライ機構に入り込むのを防いでいる」と書かれている。この文書が本物なら、その内容は非常に明確であるように思える。

 第二に、ガジェット分解サイト「iFixit」は新型MacBook Proを分解して、実際にキーをテストした。iFixitは、「微粒子が大量に混入したこのキーボードを実際に使って、異物を防ぐようになっているという自分たちの見解を検証した」という。膜のおかげで、ほとんどの粉はキーの周辺部にたまった。

提供:iFixit
提供:iFixit

 多くのものと同様、対策がうまく機能しなくなる場合もある。「さらに多くの微粒子がたまった状態で、強い力で文字を入力すると、保護されたクリップの下にやがて粉が侵入してしまう」。砂の粒子も問題になるようだ。それでも、2017年のモデルに比べると、このキーボードの耐性は大幅に向上しているようだとiFixitは結論づけている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]