logo

ドコモ、対話型AIサービスの開発環境を教育研究機関などに無料公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは7月18日、同社の対話型AIサービスのプラットフォームである「自然対話プラットフォーム」の記述言語仕様と開発環境を、教育研究機関や非商用利用での導入を検討している企業向けに無料で公開した。高度なプログラミングなどの知識がなくても会話を楽しむロボットやアプリケーションが作れるようになるとしている。

キャプション

 同社では、現在の対話型AIサービスの主流は、一問一答型の会話を大量に作成するか、機械学習させることで会話を成立させていると説明する。同プラットフォームは、言語解析技術に基づいた自然な対話を実現。問いかけた言葉と返答をもとに次の質問をしたり、会話の意図を理解した上で外部サービスにつなげたりすることで、ストーリー性のある会話が楽しめるという。

 このプラットフォームは、同社が5月30日から提供しているAIエージェントサービス「my daiz」のほか、法人向けサービス「自然対話エンジン」を利用した講談社のコミュニケーション・ロボット「ATOM」や、パナソニックの「CLUB Panasonic」LINE公式アカウントでの録画機向けサービス、同社が開発したAIチャットボット作成サービス「Repl-AI」にも採用されている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]