logo

Sonos製スマートスピーカが「AirPlay 2」に対応--「Siri」と連携可能に

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2018年07月12日 10時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sonosがサードパーティー企業としては初めて、Appleの「AirPlay 2」規格に対応した。AirPlay 2を使うと、複数の部屋でのオーディオ再生が可能になるほか、「iPhone」や「iPad」の「Siri」に音声で指示して操作することができる。

 Sonosは、同社のスマートスピーカ「One」「Play:5」「Playbase」および新製品の「Beam」がAppleのAirPlay 2に対応したと発表した。SonosはBeamの発表時に、Siriと「Alexa」を同時に機能させるデモを実施していた。

 OneとBeamは、すでにAmazonの音声アシスタント「Alexa」を搭載している。「Googleアシスタント」は今後追加される予定だが、Siriの搭載についてはまだ発表がない。

 SonosのAirPlay 2対応スピーカはAppleの「Home」アプリに表示されるようになり、ほかのApple製品と共にグループを形成できるようになった。また、iPhoneや「HomePod」のSiriを通じて、Sonosのスピーカを操作することもできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]