logo

CCCと慶応がデータビジネス創造コンテスト--Tカードデータ活用しネット時代の書店を探る

加納恵 (編集部)2018年07月11日 15時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 慶應義塾大学SFC研究所とCCCマーケティングは7月11日、「第8回 データビジネス創造コンテスト ~Digital Innovators Grand Prix 8」(DIG 8)を開催すると発表した。「TSUTAYA」「蔦屋書店」の書籍販売データを使い、ネット時代の「Neo書店」の提案を競う。

「第8回 データビジネス創造コンテスト ~Digital Innovators Grand Prix 8」
「第8回 データビジネス創造コンテスト ~Digital Innovators Grand Prix 8」

 DIG 8は、全国の高校から大学院に通う生徒・学生を対象に、ネット時代における「Neo書店」を提案するデータビジネス創造コンテスト。書籍販売データやオープンデータなどを利用し、CCCマーケティングは、TSUTAYA、蔦屋書店の書籍販売データを提供する。

 CCCマーケティングでは、特定の個人を識別できないように統計加工処理をしたデータの一部を提供。Tカードのデータを社会や生活者へ還元し、データに接する機会を広くオープンにしていくことの一環として、ビジネスパートナーとして協力する。

 7月6日から申し込みができ、エントリーの締切は8月22日。9月15日に慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホールで本選プレゼンテーションと表彰式を開催する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]