logo

Grab、オンデマンド食材デリバリーサービス「GrabFresh」発表

Zoey Chong (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2018年07月11日 11時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberの東南アジア事業を取り込んだ配車サービスGrabが、さらに資金を投じて、同地域全体への拡大を目指す。

 シンガポールに本拠を置くGrabは現地時間7月10日、Grabアプリのホーム画面を刷新するとともに、新たにオンデマンドの食材デリバリーサービス「GrabFresh」を立ち上げた。

 Grabの声明によると、GrabFreshは「自宅から快適に」食材を買い物できるようにする同社の最新の事業だという。オンラインの食材ショッピングプラットフォームHappyFreshとの提携から生まれたものだ。

Grab
提供:Grab

 Grabはさらに、「適切な商品の見極めに長けた」パーソナルショッパーが、ユーザーの要望に対応して買い物を支援するほか、配達された時にユーザーが満足できない商品を返品することも可能だとしている。

 GrabFreshは、7月よりインドネシアの首都ジャカルタでベータ版のサービスを開始する。2018年末までにタイとマレーシアに展開し、その後、東南アジアのほかの国々にも拡大する予定だ。

 同社はまた、Grabアプリの新しいホーム画面を披露した。このホーム画面には、同社のあらゆるサービスが収まっている。これまでGrabアプリを起動すると、最初に表示されるのは配車予約のページだった。

Grab
提供:Grab, screencaps by Zoey Chong/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]