logo

トヨタ、カーシェアサービス「Hui」をホノルルで開始

Jake Holmes (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年07月11日 09時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタは米国時間7月10日、カーシェアリングサービス「Hui」をハワイのホノルルで開始した。このサービスは、自転車レンタル、公共交通機関、配車サービスアプリのように、移動手段を補完するものと説明されており、スマートフォンアプリによってトヨタまたはレクサスの自動車を予約し、ドアロックを解除することができる。

「Camry XSE」と「Lexus RX」
「Camry XSE」と「Lexus RX」はいずれもHuiで利用できる
提供:Toyota

 Huiは基本的に、有名な「Zipcar」やGeneral Motorsの「Maven」のような既存のカーシェアリングシステムに似ている。自動車は特定の予約駐車スペースに駐車されており、会員はHuiのスマートフォンアプリを使って自動車を予約する。トヨタの「Smart Key Box」技術を利用してスマートフォンがキーとして機能し、自動車のドアロックを解除してレンタル車両を起動させる操作を、すべてスマートフォンアプリを通して行うことができる。

Huiのスマートフォンアプリがキーとして機能する
Huiのスマートフォンアプリがキーとして機能する
提供:Toyota

 Huiでは、2種類の料金プランが用意される。「ELITE」プランでは、月額14.95ドル(約1660円)の会員料金が必要となる。ただし、最初の3カ月間は免除される。自動車をレンタルする際には、選択した車種に基づく料金を支払う。「Prius」「Prius Prime」「Camry XSE」「Lexus RX350」「Lexus RX F Sport」があり、料金は1時間9.95ドル(約1100円)または1日79.60ドル(約8820円)から。使った分だけ支払う「FREEDOM」プランも用意される。こちらは月額料金がかからないが、1時間や1日あたりのレンタル料金が高くなる。

 当然ながら、これらの料金には車両保険、24時間体制のロードサイドアシスタンス、税、メンテナンス費、ガソリン代が含まれる。

 Huiプログラムは、Toyota Connected North Americaと、ハワイのトヨタ新車販売代理店であるServco Pacificとの共同事業。同サービスのスマートフォンアプリは、Appleの「iOS」端末と「Android」搭載端末の両方を対象に提供されている。詳細については、DriveHui.comを参照してほしい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]