logo

マイクロソフト、新「Surface」を7月10日に発表か--ツイートの画像にヒント

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高橋朋子 (ガリレオ)2018年07月10日 10時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次の「Surface」タブレット発表の時期について、Microsoftから大きなヒントが出された。それによると、発表は米国時間7月10日午前6時だ。

Surface
提供:Microsoft

 ヒントの出所は、同社Surface製品のTwitter公式アカウントが投稿した思わせぶりなツイート。添付された画像では、現行の4種類のSurfaceすべての画面に、上記の日付と時刻(タイムゾーンは不明だが、おそらく太平洋時間と思われる)がこれ見よがしに表示されている。

 ツイートには「Surfaceはどこへ向かう?」とある。「どこ」かはわからなくとも、「いつ」かはおかげでかなり見当がついた。

 とはいえ、Microsoftがどのようなものを発表するかについても、このところのさまざまなリークですでに判明している可能性がある。Bloombergは5月に、MicrosoftがAppleの「iPad」に対抗する低価格のSurfaceタブレットを計画していると報じた。続いてWinFutureが、同端末はIntelの低価格「Pentium」プロセッサを搭載するかもしれないと伝えた。

 そして7月8日夜、Redditに内部関係者を称する人物の書き込みがあり(MSPowerUserが報じた)、スペックシートのほぼ全部ではないかと思われる次の内容を公開した。

 画面は10インチ、1800×1200ピクセル解像度。

 本体は562gでUSB-CポートとmicroSDカードスロットを搭載。

 リリースされるのはRAM/ストレージが4Gバイト/64Gバイト、8Gバイト/128Gバイト、8Gバイト/128Gバイト(LTE対応)、および8Gバイト/256Gバイト(LTE対応)の各モデル。ただし、すべてが同時発売になるとは考えにくい。

 最上位モデルは「Pentium Gold」プロセッサ搭載。独自の「Type Cover」とマウスも用意される。

 価格は教育関係者向けの399ドルから。最上位機種は829ドル(アクセサリを除いた価格)。

 このスペックが事実かどうかは明らかでないため、そのつもりで受け取ってほしい。

 Microsoftはコメントを控えた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]