logo

ロシアでの「Google翻訳」利用が急増--サッカーW杯開催で

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月25日 12時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が開催される中、サッカーファンらがロシアの現地の人たちと会話しようとしていることを、「Google翻訳」が物語っている。

 Googleによると、ロシアへの旅行客がGoogle翻訳を使って便利なロシア語表現を調べているようで、同国内でのモバイル端末からの利用件数が30%増加したという。

 それを裏付けるように、Googleは翻訳されたフレーズとして、「ワールドカップ」(クエリ数200%増)、「スタジアム」(同135%増)、「ビール」(同65%増)などを挙げている。

 翻訳前と翻訳後に指定された言語は大半がスペイン語で、その数は倍増したという。またアラビア語とロシア語間の翻訳も40%増加したそうだ。

 同社は6月、インターネットに接続していない時でもより正確な翻訳を得られるアップデートを提供開始している。

提供:Getty Images
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]